日本人と麻の関わりは深い

日本人と麻の関わりは深い、大麻とも呼ばれる麻の数奇な運命
麻素材のものは、特に夏に重宝されます。
蒸し暑い日本の夏に、通気性がよい麻の肌触りは心地よいものです。
また、汗も吸い取ってくれますから、大助かりなのです。
ですから、昔から日本人と麻素材のものは馴染みがあり、両者の結びつきは深いものがあります。
たとえば、2013年に正遷宮となる伊勢神宮のお札が神宮大麻と呼ばれるのも、麻からきているのです。
つまり、大昔から日本人と麻の結びつきは強かったというのがうかがえます。
しかし、現在の日本で麻素材のものに使用されている原材料としての麻は、国内で生産されたものではなく海外からの輸入に頼っているという現実があります。
麻は大麻とも大麻草とも呼ばれることがあり、第二次世界大戦を前後して麻の栽培への認識が変わったことに端を発します。
第二次世界大戦前までの日本では、米の生産と同様に麻の生産が活発でした。
しかし、大戦終了後にできた法律によって、麻の栽培には大規制が敷かれたのです。
1947年の大麻取締規則で産業用での栽培が規制化され、1963年の大麻所持の罰則も厳重化されたことにより、麻の栽培に携わる人は大幅に減少しています。
もともと日本で生産されていた麻には、麻薬として知られる大麻・マリファナのような成分は含まれていません。
しかも、蒸し暑い夏のある日本においては、衣服の材料としてよく知られているものではありました。
しかし、麻の効用はこれだけではありません。
麻である大麻には、麻薬としての危険性が指摘される一方で、医薬品として使われることのある不思議な植物なのです。
第二次世界大戦前までの日本では、鎮痛用や鎮静用などに用いられる医薬品として認められていたくらいなのです。
しかし、世界を見渡せば、麻といえば大麻で、古来より日本で重宝されていた衣服に使用する素材としてよりも、恐ろしい麻薬としての流通しているタイプの大麻の印象が強いです。
そのような大麻は、日本はもとより世界各国で法規制の対象になっています。
そんな大麻とは違う、法規制の対象にならない麻のことを大麻(ヘンプ)と呼ぶこともあります。
このヘンプという呼び方によって、法律で禁じられていないタイプの大麻であることを示すのです。
区別をつけることによって、恐ろしい麻薬ではない、衣服や医療、食用などに利用可能な麻をわかりやすく表現することができます。
このように麻というものは、様々な種類があるのです。
ですから、日本において、衣服などに麻だと品質表示されているものも、実は大麻ではありません。
大麻とは別の種類なのです。
よって、大麻の繊維というものは、指定外繊維として大麻(ヘンプ)と表記されることになります。
数奇な運命を辿っている麻ですが、蒸し暑い季節を過ごす日本人の暮らしと密接に関わってきた麻を使用した素材は今も変わらず使われています。
そのような麻の歴史に、時には思いを馳せてみるのもよいのではないかと考えるのです。
人々の暮らしを支えるものとして利用されている麻は、これからも大切にしていきたいものであり、人々に良くない影響を与える麻薬としての大麻は、利用者がなくなることを願いたいものです。

投稿日:

麻と大麻についての考察

麻と大麻についての考察
「麻」と言えば「大麻」
たぶん現代の若者、みなさんが口をそろえて連想する二つの言葉。
私もそう連想してしまうほどでした。
でも、麻製品の製造元さんにとっては払しょくしたいイメージでしょう。
麻製品は大昔から続く繊維で大切な伝統です。
私は若い時代を思い起こしてみると、夜遊びなどしたことがない「部活」一直線人間でしたが、若気の至りというか、10代・20代の若者文化・時代的に「夜遊び」「コギャル全盛期」「援助交際」などが大流行した時期に高校生でした。
だから、「大麻・マリファナ」などが結構身近に感じられる時代でもありました。
今は想像もつかないほど遠いものになりましたが・・・。
そんなこんなで「麻」というと「駄目なもの」と拒絶してしまう時期もありました。
ものすごく大きな勘違いですね。
しかし、成人を迎えて社会人となり、よくよく考えてみると、麻は古来から続く繊維であり、私事ですが、赤ちゃんの時からアトピー持ちで、着られる服といったら綿か麻の100%でした。
だから本当は馴染みが深いはずだったのです。
当時、小学生の友達はポリエステルの服とかが流行りお姫様のようにひらひらスカートでうらやましかったりもしたんですが・・・。
ここ5年でも、末期がん患者に処方している姿をよく海外医療ドラマで観ていました。
その映画の中では、もう手の施しようがない方や、障害を抱えていて、常に激痛と戦っている方への処方でした。
大麻のドラッグ的な部分を有効に使えるなんてびっくりしたのを覚えています。
成分としてどんな点が有効とされているのかは素人なのでわかりませんがきっと、痛みや死に対する恐怖などを和らげてくれるのなら、ドラッグでも薬として有効であり、使うべきだと思いました。
・・・薬部分に関していえば、これはもう専門家さんが正しく処方してくれるのならば安心であり、どんどん日本でも使ってほしいです。
日本はしっかり流通・保管していると願いたいですが、世界中の麻薬カクテルなど、ギャングの資金源だ何だと色々と問題もありそうですね。
一掃するのは難しい。
これからも課題として戦うのでしょう。
昔から(日本でもですが)何かを祈祷するとき大麻の香(らしきもの)を燃やしてつかっていたし、インディアンも使用していたらしいということをどこかで読んだ記憶があります。
これほど古くから伝わっている「麻」。
どれほど人間の生活に深く根を張っていて、共存してきたのかを今回、考えさせられました。
「麻」関連の商品で
私が最近使っていてお気に入りなのは麻でできた斜光カーテン:吊すタイプです。
木材なので部屋のインテリアとしてもかわいくて、お気に入りです。
夏、ジメジメをした部屋に風が入ると、麻のカーテンは風通しも良くきもちいい~
そして傘。
少し重いとは思いますが粋な感じがしてお気に入りです。
そうそう、麻を使ったワンピースも着心地がよくて、夏の定番アイテムだし、
帽子も最近はカラフルなのを出してくれているのでそれをいつもかぶっています。
帽子はこの時期に被ると蒸れて大変なのに、麻の帽子だと風通しがよいので気持ちいいままです。
蒸れなくて心地いいのでお気に入りです。
リネン素材も気持ちよく、おしゃれでもっと欲しいです。
そう考えると、これからもっともっと需要が増えるかもしれませんね。
麻の生地だとどうしても硬い生地。
ごわごわして皺になりやすい。
その印象を覆すような品種改良や、発展を続けていくのが得意な日本。
世界と戦えるブランドができるかもしれないと希望をもっています。

投稿日:

海外で実用されている医療大麻

海外で実用されている医療大麻
癌が進行すると、耐え難い痛みに襲われることは、誰でも知っています。
紙が触れただけで悲鳴を上げたくなるような痛みが走りますので、もっと範囲が広い体の移動であるなら激痛が全身を駆け巡ることは間違いありません。
その痛さに耐えかねて、苦痛に体をゆがめながらも、モルヒネを求める人の姿を見たことがあるでしょうか。
そして、日常痛みのため体を動かすことができなく、また食欲が減退し体が徐々に弱っていくのです。
それが、毎日死ぬまで続くのです。
麻薬の一種である医療モルヒネは確かに痛みに対して有効ですが、しかし残念ながら万能ではありません。
神経の損傷(神経因性疼痛)、脊髄圧迫、神経根へ癌が転移等で起こる痛みには、無力です。
また癌細胞による直接的な痛みだけではなく、医療行為によっても痛みが増えます。
放射線治療を行えば、同時に神経も傷つく場合があります。
このような痛みに対しても、対策がないことはありません。
ですが、日本に限れば決め手に欠いており、その都度、薬理的・物理的な対策を施すしかありません。
しかし、もしこの対処できない痛みをコントロールできるものがあったら、どうでしょう。
それを出来るのが、医療大麻なのです。
医療大麻は、既に海外で使用されており、米国においては州法によって医療目的に限って合法化されている州もあります。
ただ、連邦法では非合法とされており、医療目的であっても取締対象なのです。
ところが、オバマ大統領の鶴の一声で取り締まれていません。
麻薬の一つであるモルヒネの使用が認められているのに、大麻が認められないのは理屈に合わないからです。
そのため、先述の通り医療目的に限っては、取り締まられていません。
これは、2009年3月に政府が発表しています。
米国ではどのように利用されているかというと、一部では使用許可を持つ患者が薬効成分をもつ大麻草を栽培し、それを自分で利用しているのです。
吸引することによって、直ぐに効果が現れるそうです。
これは、日本のワールドビジネスサテライトで報道されています。
その番組に登場する患者は癌患者ではないのですが、「医療大麻がなければ死んでいた」と証言していた事は見逃せません。
痛みを和らげるという事は、同時に人間らしい日常生活を送ることを可能にしているのです。
登場した患者は、多くの病気を抱えていますが、それでも起き上がって日常生活を送れるまでに回復しています。
食欲を失う病気を患っており、効果が現れたからでしょう。
「なければ死んでいた」というのも、頷けるものがあります。
実は、病気のケアに対しての効果ばかりではありません。
制癌作用もあるのです。
これは、米国の国立ガン研究所(NCI)が、2011年にウェブサイト上で公式に認めたことです。
癌細胞の転移や増殖を抑えるだけでなく、癌細胞のアポトーシスを促します。
そして、最も重要なことは、健康な細胞は一切攻撃しないことでしょう。
今の化学療法では、正常細胞に対しても働きかけるので、癌治療を進めるとそれだけ体が弱り、体力のない患者に対しては利用できません。
ですので、医療大麻は現代の化学療法を凌駕するかもしれない存在なのです。

投稿日:

日本の伝統である着物に使われて

日本の伝統である着物に使われている布の1つ麻
現在から3カ月余りの日本というのは高温多湿の夏を迎えることになります。
そもそも日本の夏がここまで湿気を帯びている理由というのは周りを海に囲まれている環境が関係しており、まず南半球から暑さによって蒸発した海をまとった湿った空気が風に乗って北半球に流れ込むため特に日本は1年を通して湿度の高い夏となるのです。
そのため特に日本のその時期の服装というのは汗を吸着して通気性が良い服が好まれ、そして長い歴史に置いてこの時期に
着られていたのが着物なのです。
この着物のというのは大きめにゆとりがあるように縫い込まれた布を体にまとわせて、その腰部分に帯と呼ばれるものを
結びつけてずれ落ちないようにして着る日本古来の服装を言います。
その特徴としてはこの大きくゆとりのあるようにすることで腕や胸元に空気を通す空間を作り出すことで通気性の向上させることにより、汗による湿気の不快感やその汗を蒸発した際の気化熱を利用して体の温度を下げる効果があるのです。
そんな夏に対して高い効果を発揮する理由というのは、この着物に使われている布に秘密があるのです。
その着物に使われている布の材質というのが今回のテーマである麻なのです。
この麻というのは古来から日本に自生する草で、その弾性に乏しくシワになりやすいが肌ざわりが冷たいので夏の服地として利用されることが多く織物やこの着物に使われる事が多いのです。
しかしこの麻と言うと薬物である大麻が思いつきますが、厳密に言えば同じものであります。
しかしその中に含まれる毒性のものを抽出するして使用する目的では犯罪となりますが、そのほかの
実やこの繊維に利用する場合ではしっかりと法的機関に使用もしくは栽培することを申請すれば罰則はないのと
その種類にはリネンとラミーとこの大麻とジュートと洋麻などたくさんの種類がありますが、
このうち麻と表示できるのはリネンとラミーだけなのです。
それ以外の素材は、家庭用品質表示法では「麻」と表示できないので
安心して使用することができるのです。
しかしこの毒性は加工する際にほとんどなくなりますが、どうしても人体に影響がない部分で残る事があり
その毒性は特に夏場に置いて繁殖する布や紙を食べて成長する害虫に対して強い効力を発揮し
西洋の服であるジーンズと同じく防虫に役に立つのです。
もちろんそんなメリットだけでなく染色性が弱く色落ちしやすいので濃い色の麻製品は特に洗いに注意が必要であり、この生地は虫には強いのですがカビの菌には弱い面があるのでしっかりと乾燥したもしくは乾燥剤を入れたタンスの中にしまう事が挙げられます。
近年日本への理解度が増えたこともありそれに比例して日本に来訪する外国の方々増えました。
そんな外国の方々が日本の宿泊施設である旅館に泊まった際には、この着物を着ることが何よりも楽しみだと
言っているのを聴いたことがあります。
それはやはり先に言った通気性の良さとそして独特の色合いが日本独自のものであり、それが外国の方々の心を引き付けるからであると思うのです。
そんな日本が誇る文化であるこの着物とこの麻をしっかりと伝統としてルールを守りながら未来の財産として残していってほしいです。

投稿日:

麻というのはなくてはならない

麻というのはなくてはならない存在。
夏になると、様々な場所で耳にすることが増えてくる素材と言えば、大麻ではないでしょうか。
毎日着ている衣服には欠かせない素材になりますし、涼しげで熱をこもらせないので、着ていて気持ちが良い素材だと思います。
衣服だけではなく、アクセサリーにも使われていますので、ブレスレットなどでよく見かけることがあります。
じつは、麻の成分を使った美味しいアルコール飲料があるのをご存知でしょうか。
こちらはビールなのです。
南国の地域では馴染みがあるので、珍しいということはないみたいですが、新鮮で美味しそうですよね。
このような形で、私たちの身近には、大麻というのは、様々な欠かせない商品に組み込まれております。
まずは種子です。
食品で使われているのは、豆腐やパスタなど、あとはお子様が大好きなハンバーグやスナック菓子に使われているので、ちょっとびっくりしましたが、健康的ですね。
オイルに使われているのは有名かもしれません。
一般的なお料理の際に使われる、クッキングオイルでしたり、サラダには欠かせないドレッシングの成分にもなっております。
食品以外にもたくさんありますよ。
生活用品の中では、普段手洗いなどに使われている石鹸でしたり、髪の毛を洗うシャンプーです。
その他には、化粧品やマッサージオイルにも使用されているので、こちらは注目されております。
アルコール燃料やペンキなど、日曜大工に使用されている中での成分としても大活躍しているのです。
茎や枝に含まれている成分から、プラスチックで作られるペットボトルでしたり、非木材パルプや、先ほどお伝えした洋服の素材に使われております。
不燃ボード
アルコール飲料では、ビール以外にも、ワインの素材にもなります。
実は、大麻というのは、医薬にも大変役に立っているのです。
例えば緑内障や喘息、または鬱病、食欲減退などの回復を目的としたお薬の原料になります。
しかし、知らない方にとっては、危険な植物というイメージが強いでしょう。
もっと、日本国内での認知として、目的をもった利用方法がプラスに広がると、また違う印象になるのかもしれませんね。
鬱病の患者さんが、回復をするために使用することが許可されれば、医療には役に立つものだと思います。
神秘とされている植物ですから、使い方さえ正しく守ることによって、危険は
ないと思います。
漢方茶にも使用されているというのですから、リラックス効果もありそうですよね。
有名なのは、凧上げに使われる糸の素材としても使われているのです。
花火に使われる火薬などにも使われています。
私たちのまわりでは、ほとんどが生活の中で触れている製品ばかりなのです。
すごく欠かせない素材だと思いますので、危険を取り除くために、使い方や昔からの大麻に対する素晴らしい言い伝えを守るということも、大切なのではないでしょうか。
本来は、活躍している植物というのが、大麻なのだと思います。
危険だけではないのです。

投稿日: